お試し移住体験施設の視察 河津編

6/22に伊豆でこの春オープンしたお試し移住体験施設の視察に行ってきました。川根でも中長期向けの移住体験施設を作りたいと思ってのことです。
昔は伊豆に行くには、私の出身地である駿東郡清水町を通り抜けるのが主なルートだったのですが、今は伊豆縦貫道ができたので高速道路のインターからスムーズに行くことができます。渋滞解消にはよいですが、人が来なくなるのは寂しい限りです。まあ、見るようなところは名水百選の柿田川くらいですが。

視察の前の腹ごしらえに、極上金目鯛の煮つけ定食をいただきました。濃いめ味付けが絶妙です、金目鯛うまいです。
極上金目鯛の煮つけ定食

さて、話を戻して移住体験施設の視察の件です。ここは、行政から委託されてNPO法人で管理運営を行っている施設です。気になるところは初期費用なのですが、どうやらこの後に行く東伊豆の施設もそうですが、県から伊豆地域に対して移住希望者へ何らかの対応をおこなうよう依頼があったらしく、補助が出たとのこと。その他いろいろ話を伺いましたが、地域の宿泊施設との宿泊条件面の話し合い、単純な旅行者はNGで体験メニュー参加必須など、参考になる話を聴くことができました。
河津町移住お試し体験館

もともとは物置小屋?だったかな一階は車庫だったとか、それを家主さんがアパートか何かにしようとしていたところで今回の話が舞い込んだとのことで協力してもらったみたいです。お部屋は畳8畳間が二つとダイニングキッチン、風呂、トイレ完備。簡易宿泊所として、消防法とかクリアしているとのこと。
お部屋(河津町)
ダイニングキッチン(河津町)

ということで東伊豆町については、次回書きます。

コメントを残す