お試し移住体験施設の視察 東伊豆編

お試し移住体験施設の視察の続きです。次は河津町からほど近い東伊豆町です。
河津町はどちらかというと山という感じ(海にも面しています)ですが、東伊豆町は海に面した港町(山も当然あります)です。

その前に、小休止。ブルーベリーのウルトラ生ジュースをいただきました。この地域の特産のみかん味のほうが一般的ですが、ご一緒した皆さんがそっちを飲んでいたのであえてブルーベリーにしました。
ウルトラ生ジュース

こちらの施設の運用・管理は行政がおこなっているようで、というかNPOとかそういった協力団体があまりないようで、いろいろと大変そうでした。今年から地域おこし協力隊を数名いれたようなので、その辺まかせることになるのかもしれません。話を聞いたところこちらもやはり、地域住民の理解、地域宿泊施設との兼ね合いが問題になったそうです。
東伊豆町お試し移住体験施設

この体験施設は明治時代に建てられた古民家を改築したもので、保存状態がよくほとんど修繕する必要もなかったようです。しかもこの家や家具は、持ち主から寄付されたよう、その辺も費用が抑えられたみたいです。さすが明治時代の物件なのでしょうか、古めかしい味のある外観、内観、家具類でした。
お部屋(東伊豆町)
ダイニングキッチン(東伊豆町)

今後、川根で移住体験施設をやるのにとても参考になる視察でした。
それにしてもまずは手ごろな物件を探さなくては、そして初期費用の確保、法律への対応、事業計画等といったところでしょうか、結構大変ですね。他にもやりたいことがあるので、頑張らないとな。

コメントを残す