家山八幡神社秋の祭典

川根町家山地区のお祭りがありました。
家山地区は、北部、東部、西向き、そして私が住んでいる中部の4つの地区からなっており、それぞれが屋台を引いて町を練り歩いたり、さまざまな催し物も行われました。私も中部町内会まつり部のメンバーとして参加させていただきました。

法被は借り物ですが、中の肌着、前掛け、股引をこの日のために揃えました。このようなお祭りは子供の時以来です。とても新鮮でした。
法被姿

2週間ぐらい前から、本屋台の清掃・飾りつけ、居酒屋屋台の改修等をちょこちょこと行ってきました。居酒屋屋台は本祭の時に皆さんに酒やら、2食丼を振る舞う屋台です。さすがは、商業エリアの中部地区です。
中部本屋台
居酒屋屋台

中部地区は商業エリアのためか、範囲も狭く住宅が少ないようで子供の人数も他の地区と比べるとダントツに少ないです。子供神輿も中部においては、リアカーを使わざる得ません。屋台を引く人数も少ないので大変です。
子供神輿

そして各地区から屋台が所々で集合すると、催しものが行われます。ドラゴンの舞、エイサー、獅子舞、和踊り等なかなかの迫力です。
町外の人もいるでしょうが、それにしてもこんなにたくさんの人がいるんだとしみじみ思いました。
ドラゴン
女性部和踊り

コメントを残す