森町ゲストハウスの土壁塗りに行く

4/30に森町の協力隊が作るゲストハウスの土壁塗りのワークショップに参加してきました。
以前から興味があった左官作業でしたが、身近に機会ができたのでラッキーでした。
森町は、川根から山道を車で走る事1時間程度で行けます。途中にのどかな風景が広がりとても良い道のりでした。

最近流行りのDIYでもよくある左官作業、出来合い材料ではなく、しっかりと土と砂利と藁を練って作ります。
配合は材料によって若干違うようで、プロでもどの分量でやると一番強度がでるか実験をするそうです。
土壁の材料

こうしてできた土壁の元を、コテ板に乗せ、まずは練った土の取り方等のコテの扱いを学びます。慣れれば難しくありませんが、最初はなかなか難しい。横にしても大丈夫なので、結構大胆にやるのがコツです。
練った土

そして塗り壁に挑戦。これまた難しい!
プロがやると簡単にホイホイとやっていますが、なかなかうまくいかず平にするのも一苦労です。そりゃー一朝一夕で出来たら苦労しないですよね。
ぬりかべ

自分がやったところはこんな感じです。粗が目立ちます。
こっちを直せば、あっちがダメになり、あっちを直せば、こっちがダメになりの繰り返し。でも、いつまででもやってられます。それじゃダメですけどね。みんな熱中して黙々とやっていました。とても楽しかったです。
壁塗り

お昼には、BBQをやっていただき、野菜から肉から盛りだくさんで満腹になりました。
BBQ

いやー今回は貴重な体験をさせていただきました。今後の活動にぜひとも活かしていきたいです。

壁塗りのスキルがレベルアップしました。

帰りにちょろっと写真を、遠州の小京都とよばれる森町の日暮れ時です。
森町の風景

コメントを残す