鵜山森林公園視察

本日は休みのため、ちょっと耳にしたキャンプができそうな鵜山森林公園を視察してきました。
川根にキャンプ場はないのかとちょっとした会話の中から出てきた場所です。うまく利用できれば良いかな~と思い視察に至った次第です。

家山から車で約8分くらいでしょうか。駐車場も10台くらい止められるスペースあり。いっぱい呼び込むとなると少ないかもしれない。交通手段は要検討。
鵜山森林公園入口

駐車場から広場までの林道が徒歩5分くらい続きます。両サイドは大井川が流れています。ところどころで眺めが良くなるように間伐すると良いかもしれない。途中にちょっとした山道コースもありました。
広ばまでの道のり

広場に到着。アスレチックと憩いの場みたいな建物があります。いくつかのアスレチックは利用できないようになっていました。あまり管理されていない様子。
広場

炭焼き窯を発見。使われなくなってだいぶ経ってるもよう。最近は炭の需要が増えていると聞いたのでぜひとも利用したい。
炭焼き窯

広場の奥にさらに下る林道があったので進みます。
さらに奥の林道

大井川のほとりに出ました。川の流れがU字になっていてその中にいます。かなりのスペースが空いているのでキャンプには最適な場所といえるでしょう。
大井川のほとり

総評。ビジネスとしてキャンプ場の運営となると、河川敷でというのはいろいろと問題がありそうな気がする。河川は行政の管理だろうから、なかなか許可は出なそうだな。テントやBBQセットのレンタルやって、あとは自己責任でってのはできるかな。アスレチックを無くして、キャンプ場と炊事場を用意するのが一番手っ取り早い気がするけど金が掛かりそう。

鵜山森林公園視察” への1件のフィードバック

  1. 「河川敷をキャンプに最適」とお勧めするのは危ないと思います! 
    一般常識としても、ここのようにダムの下流の場所では、何時水かさが増すのか分からないので、安全のため高い場所にテントを張るのを
    勧めた方が良いと思います。
     来週、島田地区のボーイスカウトがここを利用する予定ですが、河原ではなく広場にテント等を設営します。

コメントを残す